ニュース

MoMAで当館収蔵品を展示しております

2017.10.01お知らせ

10月1日より、ニューヨーク近代美術館(MoMA)では、ファッションに焦点を当てた展覧会「Items: Is Fashion Modern?」展が開催しております。

MoMAでは、1944年の「Are Clothes Modern?」展以来のファッション展で、20世紀から現在までに世界に大きな影響を与えた111点の衣服や装飾品といった“アイテム”にフォーカスした展覧会になっています。

 

神戸ファッション美術館からも収蔵品を2点出展協力させていただいております。


20世紀初頭にパリで活躍したポール・ポワレのイヴニング・ドレス。1933-35年頃。
脱コルセットで女性解放者と称されたデザイナーのポール・ポワレ。
こちらの衣装は、1909年にパリで公演を行ったロシアバレエ団(バレエリュス)の影響を受け、いち早くデザインに取り入れたドレスです。

 


従来にない素材や技法のアプローチで革新的な衣服を発表したパコ・ラバンヌのイヴニング・ドレス。1968年頃。
こちらの衣装(真中)は、四角いアルミニウムの板がリングでつながれています。

 

当館コレクションの他にも、リーバイス(Levi’s)の501、エルメス(HERMÈS)のバーキン、イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)のタートルネックなど、時代を代表するファッションアイテムや、シャネル(CHANEL)、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)、ジバンシィ(GIVENCHY)などの錚々たるブランドのドレスも紹介されています。また、2015年開催の「デジタル×ファッション」展に出展協力いただきましたSOMARTAのスキンシリーズも展示されており、こちらはMoMAに収蔵されるそうです。

秋冬は是非、NYへファッションの旅はいかがでしょうか。

 

Items: Is Fashion Modern?
2017年10月1 日―2018年1月28日
The Museum of Modern Art
https://www.moma.org/

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。