展覧会

テーマを決めて展示する「特別展示」と「衣」を様々な切り口で紹介する「ベーシック展示」を開催しています

ベーシック展示のご案内

ヨーロッパの扇

2018年1月13日(土)~3月11日(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、2018年2月13日(火)(2月12日(月・祝)は開館)、2017年12月27日(水)~2018年1月12日(金)
入館料
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)

18世紀から20世紀の扇を装いとともに

神戸ファッション美術館が所蔵する18世紀から20世紀に制作された扇コレクションの中から約60点の扇を、女性たちの装いとともにご紹介します。
華やかな女性の装いを構成するものには、ドレスだけではなく、さまざまなアクセサリーとしての装飾品があります。中でも扇は、それを持つことが上流階級の女性のたしなみの一つとされ、装飾としてだけではなく、持つ仕草によってメッセージを送るという親密なコミュニケーションの手段でもありました。
扇にはさまざまな形状のものがあります。「ブリゼ(blisé:フランス語で 壊れた という意味)」は、薄い板状の骨を末広がりに綴り合わせ、リボンなどで編み綴ったもので、日本では「檜扇(ひおうぎ)」と呼ばれるものです。「プリッセ(plissé:フランス語で 襞あるいはプリーツ の意味)」は扇面を折りたたむタイプで、私たちが涼をもとめるものとして親しんでいる扇子と同型です。また、骨の部分に象牙やべっ甲や真珠貝を使用したもの、扇面に雅宴画が描かれたもの、豪華なレースが施されたものなどがあります。
また展示室入口エリアでは、ローブ・ア・ラ・フランセーズの試着体験ができます。写真をとることもできますので、「ヨーロッパの扇」の世界とともにお楽しみください。

1:ローブ・ア・ラ・フランセーズ 1760年頃 フランス 2:扇 1850年頃 フランス 3:扇 1900年頃 フランス 4:扇 18世紀 中国  全て:神戸ファッション美術館蔵



着せかえサイネージシステム

神戸ファッション美術館のコレクション衣装をバーチャル試着体験することができる「着せかえサイネージシステム」に「ヨーロッパの扇」展の衣装が新しく追加!
詳細はこちらをご覧ください。 http://www.fashionmuseum.or.jp/kisekae



Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体です。