展覧会

テーマを決めて展示する「特別展示」と「衣」を様々な切り口で紹介する「ベーシック展示」を開催しています

ベーシック展示のご案内

ファウンデーション
~ドレスの内側~

2017年10月18日(水)~12月26日(火)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、10月10日(火)-17日(火)
入館料
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)

ドレスの内側にある秘密の仕掛け

西洋服飾史はシルエットの移り変わりの歴史と考えることができます。
神戸ファッション美術館が所蔵する18世紀のロココからエンパイア、ロマンティック、クリノリン、バスル、アール・ヌーヴォー・スタイル、20世紀のさまざまなドレスをご覧ください。実は、これらの女性らしさを強調した、かなり不自然なドレスのシルエットの内側に秘密の仕掛けがあるのです。本展では、ドレスの輪郭を形作っているファウンデーション(foundation)に注目します。
foundationという言葉は、一般に、「土台、基礎、基盤」ということを意味するものとして思い浮かぶでしょう。建築でいえば、基礎となる骨組み、といったところです。18世紀から現代までのドレスは目まぐるしく変化していきますが、これらのドレスにおいて使用される骨組みのような役割のクリノリン、バスル、コルセットなどは、ファッションの世界におけるファウンデーションです。中でもコルセットは20世紀初頭まで800年ほど使用された女性美を象徴するアイテムです。本来は外側に決して出てくることがない、これらファウンデーションとドレス約30点を展示します。

1:コルセット 1860年頃 イギリス、クリノリン 1860年代後半 イギリス 2:バスル 1870-75年頃 イギリス 3:バスル 1883-85年頃 イギリス 4:コルセット  1760-70年頃 イタリア 5:コルセット 1820年代 アメリカ 6:コルセット 1880年頃 イギリス 7:バスル 1870年頃 イギリス 8:コルセット 1770年頃 イギリス  全て:神戸ファッション美術館蔵



着せかえサイネージシステム

神戸ファッション美術館のコレクション衣装をバーチャル試着体験することができる「着せかえサイネージシステム」に「ファウンデーション」展のコルセットが新しく追加!
詳細はこちらをご覧ください。 http://www.fashionmuseum.or.jp/kisekae



Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。