展覧会

ファッション産業・文化の振興、人材育成を支援する美術館

特別展示のご案内

魔法の美術館 ― 光と遊ぶ超体感型ミュージアム

魔法の美術館
― 光と遊ぶ超体感型ミュージアム

2018年7月14日(土)~9月2日(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、2018年7月17日(火)(7月16日(月・祝)は開館)
入館料
《一般》1,000円 (800円) 
《大学生・65歳以上》500円 (400円) 
《高校生以下》無料
※( ) 内は前売り(館内のみ)、または30人以上の団体料金
☆小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要です。

いま話題の体験型アート、六甲アイランドに上陸!

最新のデジタル技術を駆使し、光と影、映像、音を自在に操る気鋭のアーティストたちによる美術展。人間の動きに反応して多様に変化する双方向性の作品をそろえることで、来場者自身が作品とかかわり、アートの世界へと導かれていきます。たとえば、子どものころの「車遊び」の体験を作品化。ミニ・カーを手にするだけでたちまち目前に広がった空想の世界が、実際に作品として可視化されていきます。また一見、何でもない通路を歩いていくと、動きに合わせてさまざまな色や光があふれ、混じりあい、消えていく…。
そこはまるで“魔法の世界”。普段の美術鑑賞とは異なる、「見て」「触って」「参加する」体感型の空間へと美術館が変身します。
魔法の美術館は未来型の展示として全国各地の美術館で開催され、子どもから大人まで幅広い世代から絶大な支持を得ています。今回、夏休み期間に合わせ、神戸ファッション美術館にやってきます!

出品アーティスト

田中陽、坪倉輝明、藤本直明、小松宏誠、徳井太郎/清水雄大、藤元翔平、重田佑介+Zennyan、岡田憲一、宮本昌典/小岩原直志

作品点数

21点

魔法の美術館 ― 光と遊ぶ超体感型ミュージアム 【1】小松宏誠≪Lifelog_シャンデリア≫ © kosei KOMATSU 【2】藤本直明≪Immersive Shadow≫ © naoaki FUJIMOTO 【3】宮本昌典/小岩原直志≪ensemble silhouette≫ © masanori MIYAMOTO/tadashi KOIWAHARA 【4】田中陽≪.hito≫ © you TANAKA 【5】徳井太郎/清水雄大≪Shadow+≫ © taro TOKUI/yudai SHIMIZU 【6】坪倉輝明≪七色小道≫ © teruaki TSUBOKURA 【7】藤元翔平≪power of one #surface / test pattern 2≫ © shohei FUJIMOTO 【8】重田佑介+Zennyan≪よるにおもう≫ © yusuke SHIGETA+Zennyan 【9】岡田憲一≪Traces≫ © kenichi OKADA

関連イベント:ワークショップ「親子でピンホールシネマを作ろう」

関連イベント

※定員に達しましたので、募集を終了いたします。

ワークショップ 「親子でピンホールシネマを作ろう」

頭部に装着した箱の中に風景が映し出される不思議な「ピンホールシネマ」を作ります。
素材の段ボールなどを加工するため、カッター、はさみ、のりを各自ご持参ください。


日程:2018年8月5日(日)14:00~16:30
会場:4階 第1セミナー室
講師:岡田憲一+冷水久仁江(LENS)
定員:親子15組(子どもは8歳以上、事前申し込み、先着順)
参加費:500円
※要入館券

関連イベントお申込み方法

申込方法
①名前(ふりがな) ②年齢 ③住所 ④連絡先を明記の上、メールか電話でお申し込みください。7月3日(火)受付開始

メールworkshop@fashionmuseum.or.jp

電話:078-858-0050

※申し込みに際していただいた個人情報は、適正に管理し、本事業の目的以外に使用いたしません。

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。
神戸ファッション美術館の指定管理者は神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体です。