展覧会

ファッション産業・文化の振興、人材育成を支援する美術館

特別展示のご案内

“神戸開港150年記念 ファッション都市神戸-輝かしき国際港と地場産業の変遷

神戸開港150年記念
ファッション都市神戸
-輝かしき国際港と地場産業の変遷

2017年1月19日(木)~3月26日(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、12月29日(木)~2017年1月18日(水)、3月21日(火)(3月20日(月・祝)は開館)
入館料
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)

ファッション都市神戸の魅力

1868年に日米修好通商条約等により開港した「神戸」は、古くは奈良時代より日本有数の国際貿易港として国内外で広く知られていました。
本展では、明治の開港を契機に外国人居留地に移り住んだ人々との交流によって生まれ、巨大貿易港として発展する過程で根付いた産業と文化、中でも伝統も革新性もある地場産業と150年間にわたりさまざまなスタイルを発信し続けている神戸生まれのファッションに光を当てます。
1973年のファッション都市宣言でも言及された「神戸洋服」「アパレル」「神戸靴」「ケミカルシューズ」「真珠加工」「清酒」「コーヒー」「洋菓子」「神戸洋家具」という9つの地場産業は、神戸の美しい自然、港、歴史を背景に成立したものです。これらは居留地の洋風文化との交流によってもたらされた刺激、進取の気風、ハイセンスでエキゾチックな神戸の人々の力により生み出され、育まれてきた今も誇るべき宝物です。改めて「まち」と歴史を考察することにより、ファッション都市神戸の魅力を再発見する試みです。

“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド ―空想の住人たちと愛される雑貨たち【1】アフタヌーン・ドレス 1868-70 年頃 イギリス 神戸ファッション美術館蔵 【2】メンズ・スーツ 1870-80年頃 アメリカ 神戸ファッション美術館蔵 【3】アフタヌーン・ドレス 1865年頃 フランス 神戸ファッション美術館蔵 【4】ウォーキング・ドレス 1885年頃 フランス 神戸ファッション美術館蔵 【5】摂州神戸海岸繁栄之図 長谷川小信(二代貞信) 明治4 年(1871)  神戸市立博物館蔵 【6】「市民のグラフこうべ」(21号) 1973年 【7】「市民のグラフこうべ」(103号) 1981年 【8】修法ヶ原 1935-38年頃 写真提供:神戸市文書館 【9】神戸洋服 【10】アパレル 【11】神戸靴 【12】ケミカルシューズ 【13】真珠加工 【14】清酒 【15】コーヒー 【16】洋菓子 【17】神戸洋家具
※イメージ画像を含みます



先着プレゼント

“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド ―空想の住人たちと愛される雑貨たち 図録

展覧会をご覧の方、先着1,000名様にコーヒードリップパックを1人1袋プレゼント!
提供:兵庫県コーヒー商工組合

終了しました

関連イベント

トークショー 「神戸ファッション考」

日程:2017年2月11日(土・祝) 14:00-15:30(13:30開場)
登壇者:菊田琢也(ファッション研究者 文化学園大学ほか非常勤講師)、堺 幸子(神戸マイスター 婦人服縫製 Factory Boutiqueクィーン)、当館学芸員
会場:神戸ファッション美術館 4階 第1セミナー室
定員:90名(当日先着順)
※参加無料/申込不要

終了しました

ギャラリートーク ギャラリートーク

当館学芸員が展覧会の見どころを解説します。

日程:2017年2月19日(日)、3月19日(日)
時間:いずれも14:00~(約30分)
解説:当館学芸員
※申込不要/要入館料

キッズ鑑賞ツアー キッズ鑑賞ツアー

日程:2017年1月28日(土)、2月4日(土)、25日(土)、3月4日(土)
時間:いずれも14:00~(約30分)
案内:当館スタッフ
※申込不要/要入館料

詳細はこちら→http://fashionmuseum-blog.com/?p=45843

同時開催 エントランス展示「べっぴん子ども服と阪神間スタイル」
エントランス展示「べっぴん子ども服と阪神間スタイル」

日時:2017年1月19日(木)-3月26日(日) 10:00-18:00
休館日:月曜日、3月21日(火)(3月20日(月・祝)は開館)
会場:神戸ファッション美術館 1階 エントランスロビー
※入場無料

詳細はこちら→http://www.fashionmuseum.or.jp/3259

同時開催 ギャラリー展示 地域連携企画「神戸 絹の道」
エントランス展示「べっぴん子ども服と阪神間スタイル」

日時:2017年1月21日(土)-3月26日(日) 10:00-18:00
休館日:月曜日、3月21日(火)(3月20日(月・祝)は開館)
会場:神戸ファッション美術館 4階 ギャラリー
共同企画:眞田岳彦(衣服造形家、女子美術大学特任教授)
※関連イベント「神戸スタディーズ」(共同主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸)など開催予定。
※入場無料

詳細はこちら→http://www.fashionmuseum.or.jp/3178

来館記念ワークショップ おしゃれなプチハットを作ろう!

開港当時の西洋人がかぶっていたおしゃれなハットにまねて、ペットボトルのふたを使ってお好みのハットをつくりましょう。ブローチ、ヘアゴム、マグネットや、ペットのアクセサリーにもアレンジできます。

おしゃれなプチハットを作ろう!
日時:2017年2月12日(日)、19日(日)、3月12日(日)、26(日) 13:00-17:00(所要時間約30分)
会場:展示室入口
参加費:150円(参加費は全額善意銀行に寄付します)
講師:当館スタッフ
※申込不要

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。