展覧会

特別展示のご案内

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展

2019.4/13(土)~6/23(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火曜)
入館料
一般:1,000円(800円) 大学生・65歳以上:500円(400円) 高校生以下:無料 ※( )内は30人以上の団体料金 ※特別展期間中は特別展料金(毎回異なる)で特別展・コレクション展の両方をご覧いただけます。なお、特別展期間中はコレクション展のみの観覧は受け付けておりません。 ※神戸ゆかりの美術館・小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。
 

揺れるドレープ、美しき絹の彫刻家ダイアナ妃も認めた伝説のデザイナー

 

鳥丸軍雪(とりまる・ぐんゆき)は、英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきた伝説的なトップデザイナーです。その作品は流れるような優雅なひだを生む手法(ドレープ)や、独創的な布のカットから生み出され、鳥丸は「ドレープの魔術師」「絹の彫刻家」と呼ばれてきました。英国王室のダイアナ元皇太子妃やスウェーデン王国のシルビア王妃、日本では人気タレント黒柳徹子ら多くの著名人の衣装を手掛けたことでも知られています。 1937年、宮崎県生まれ。59年、神戸から世界へと羽ばたき、パリで世界的デザイナー、ピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務めました。そして、シンプルかつ洗練された独自のスタイルで作品を発表、国際的な評価を獲得します。 本展では、プリーツやドレープを駆使した代表作を中心に、デザイン画など約80点を一堂に紹介。神戸から渡英して60年。鳥丸の歩みを展望する貴重な機会となります。

[展示作品]

展示作品 【1】ドレープ イブニングドレス(1976年) 【2】プリーツ ミニドレス(2018年、オリジナルは1988年) 【3-1】ダイアナ妃のためのドレス イブニングドレス(鳥丸本人が制作したレプリカ1996年、オリジナルは1986年)  【3-2】ダイアナ妃のためのデザイン画(複製画、1986年) 【4】黒柳徹子氏のためのドレス 舞台衣装 イブニングドレス」(2015年、個人蔵)

GNYUKI TORIMARU HISTORY 鳥丸軍雪

 

1937年 宮崎県小林市に生まれる
1959年(22歳) 渡英
1964年(27歳) ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション入学。
1969年(32歳) 渡仏。ピエール・カルダンのアシスタントデザイナーになる。
1972年(35歳) ロンドンの百貨店ハーベイ&ニコルズにて第1回目のコレクション発表。
1976年(39歳) ヤードレートップデザイナー賞受賞。
1977年(40歳) ファッションデザイナーとして初めてビクトリア&アルバート博物館(ロンドン)において講演をし、
同館にコレクションの一部が買い上げられる。英国初の女性首相マーガレット・サッチャーのドレス
デザイナーとして日本で初めて鳥丸軍雪の名前が紹介される。
1986年(49歳) ダイアナ妃の来日時、昭和天皇による宮中晩さん会のためのイブニングドレスを製作。
長年に渡り、日本に各アイテムのライセンスを提供し全国展開する。
1992年(49歳) ビクトリア&アルバート博物館(ロンドン)にてファッション界デビュー20周年記念展覧会を開催。
20年間のコレクションが掲載された写真集を出版。
1998年(61歳) 作品コレクション集「YUKI」を出版。
2007年(70歳) スウェーデン王国シルビア王妃の来日時、天皇陛下によるレセプションのためのイブニングドレスを製作。
2016年(79歳) スウェーデン王国ノーベル賞受賞式典のためのシルビア王妃のドレスを製作※2006年、2007年、2009年も製作。

【関連イベント】 ※要入館券

鳥丸軍雪トークイベント
日時: 4月13日(土)13:00~14:30 会場: 第1セミナー室 定員: 90人程度(要申し込み、先着順) 参加費: 無料。※要入館券 お申し込み方法: ①名前②年齢③住所④連絡先を明記の上、 メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、電話でお申し込みください。

関連イベントお申込み方法

申込方法: 1. 参加者全員のお名前(ふりがな) 2. 年齢、 3.ご住所、 4. 連絡先(日中に連絡のつく電話番号) 5. 参加希望のイベント名を明記の上、下記までメールか電話にてお申し込みください。

Eメールworkshop@fashionmuseum.or.jp 電話:078-858-0050
Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。
神戸ファッション美術館の指定管理者は神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体です。