展覧会

ファッション産業・文化の振興、人材育成を支援する美術館

特別展示のご案内

大正ロマン昭和モダン ―竹久夢二・高畠華宵とその時代―

大正ロマン昭和モダン
―竹久夢二・高畠華宵とその時代―

2018年4月21日(土)~7月1日(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、2018年5月1日(火)(4月30日(月・祝)は開館)
入館料
《一般》500円 (400円) 
《大学生・65歳以上》250円 (200円) 
《高校生以下》無料
※( ) 内は30名以上の団体料金
※特別展と常設展の両方をご覧いただけます。

神戸ファッション美術館では春の特別企画として、「大正ロマン昭和モダン ―竹久夢二・高畠華宵とその時代―」を開催いたします。
大正から昭和初期にかけての30年間は、日本文化と西洋文化が交じり合い、明治の日本には見られなかった新しい大衆文化が花開いた時代です。叙情的な女性像で一世を風靡した竹久夢二に続き、高畠華宵や蕗谷虹児など、甘美な少女像や少年像など独自の作風を展開して大正の大衆芸術を担いました。
また、昭和に入ると、岩田専太郎、中原淳一ら挿絵画家が活躍し、加えて日本画や洋画、新版画、創作版画の作家たちも新たな活動を見せるようになります。
本展では、竹久夢二・高畠華宵を中心に、蕗谷虹児、岩田専太郎、中原淳一、鏑木清方、伊東深水、橋口五葉など大正から昭和にかけて活躍した画家たちの日本画、版画、挿絵原画、絵葉書、楽譜、装丁本などの作品約200点を展示します。

1 竹久夢二「星まつり」大正末頃
2 高畠華宵「花をいだいて(鈴蘭)」制作年不詳

大正ロマン昭和モダン ―竹久夢二・高畠華宵とその時代― 【1】竹久夢二≪星まつり≫大正末頃 【2】小村雪岱≪お傳地獄≫昭和13年頃 【3】橘小夢≪水魔≫昭和7年 【4】北野恒富≪鷺娘≫大正14年 【5】小早川清≪近代時世粧ノ内 一 ほろ酔ひ≫昭和5年2月 【6】高畠華宵≪あじさい娘≫昭和6~30年頃 【7】高畠華宵≪南国の唄『少女画報5月号』の口絵≫ 【8】高畠華宵≪花をいだいて(鈴蘭)≫制作年不詳 【9】橋口五葉≪化粧≫大正7年



関連イベント

講演会 大正ロマンの画家たち―夢二や華宵など―

日時:4月29日(日)14:00~15:30
講師:中右 瑛氏(国際浮世絵学会常任理事・本展監修者)
会場:4階 第1セミナー室
定員:90名程度(参加無料、要申込・先着順)


ワークショップ 「筆で描き、彩り、楽しむ夢二のデザイン」

大正時代に大人気を誇った竹久夢二は、いわば現代のイラストレーターやデザイナーのような人でもありました。今でも斬新でハイカラな、夢二のデザインを使って、便箋や封筒を飾りましょう。


日程:2018年5月13日(日)14:00~16:00
講師:村田 隆志氏(大阪国際大学国際観光学科准教授)
会場:4階 第1セミナー室
定員:20名(要申込・先着順)

関連イベントお申込み方法

申込方法
電話・FAXのいずれかで ①名前(ふりがな) ②日中連絡のつく連絡先 ③参加希望のイベント名 ④年齢(ワークショップ参加希望者のみ)を明記の上、お申し込みください。

電話:078-858-0050

FAX:078-858-0058

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。
神戸ファッション美術館の指定管理者は神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体です。