展覧会

テーマを決めて展示する「特別展示」と「衣」を様々な切り口で紹介する「ベーシック展示」を開催しています

特別展示のご案内

憧れのイヴニング・ドレス―パリ・オートクチュールを中心に―
2012年4月19日(木)~7月3日(火)
憧れのイヴニング・ドレス―パリ・オートクチュールを中心に―
パリ・モードが創り出したさまざまなドレスの中で、いつの時代もその中心には「夜会服」とも称される絢爛豪華なイヴニング・ドレスがありました。本展では、第二帝政以降の約150年間の夜会服をパリのオートクチュールを中心に展示します。時代背景から生まれたドレススタイルやポワレ、ランバン、ディオール、グレ、バレンシアガなど流行を創造したデザイナーの作品より、いつの世も女性が憧れ、夢見てきた究極のエレガンスをご紹介します。
詳しくはこちら
セレブの肖像 ―ケヴィン・ウエステンバーグの視線―
2012年7月19日(木)~10月2日(火)
セレブの肖像 ―ケヴィン・ウエステンバーグの視線―
数々の大物ミュージシャンの写真を手掛けてきた国内初のケヴィン・ウエステンバーグの写真展。B.B.キング、ザ・ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、ボン・ジョヴィ、スティング、アヴリル・ラヴィーン、ビョーク、カート・コバーン、コールドプレイ、そして日本のGLAY等、音楽界のカリスマたちが放つ華麗なるオーラの競演を展示します。
詳しくはこちら
巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢  2012絹(シルク)見聞録
2012年10月18日(木)~2013年1月8日(火)
巨匠(マエストロ)フォルチュニィの夢  2012絹(シルク)見聞録
歴史的にもっとも魅力的で、神秘的な天然繊維シルク。カイコが吐き出す細い糸は、美しい織物となって、5000年以上に渡り人々を魅了し続け、時に東西の歴史をも変えてきました。本展では、世界各地でつくり出された繭、糸、織物、製品までの特徴を多角的に解析し、その比類なき審美性を再考する試みです。知られざるシルクの魅力をご紹介します。
詳しくはこちら
型絵染(かたえぞめ) 三代澤本寿(みよさわもとじゅ)展 民藝とともに―暮らしによりそう色と形
2013年1月24日(木)~4月2日(火)
型絵染(かたえぞめ)
三代澤本寿(みよさわもとじゅ)展民藝とともに―暮らしによりそう色と形
染色工芸家・三代澤本寿(1909~2002)は、民藝運動の祖・柳宗悦や染色家の芹沢銈介との出会いで民藝運動に開眼し、良質のものを全国、ひいては世界へ発信すべく奔走しました。独創的な型絵染による屏風や飾布、表紙画、のれんなど、晩年まで創作活動を続けました。本展では、没後10年を機にその活動を振り返ります。
詳しくはこちら
Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。