展覧会

ファッション産業・文化の振興、人材育成を支援する美術館

特別展示のご案内

世界のファッション ―100年前の写真と衣装は語る―

世界のファッション
―100年前の写真と衣装は語る―

2014年7月19日(土)~10月7日(火)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
水曜日、7月10日(木)-18日(金)
入館料
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)
「いまや世界のどこに行っても目にするのは、似たような装い、似たような生活スタ -100年ほど前の世界のど豊かな多様性に満ちている。」
(『100年前の写真で見る 世界の民族衣装』日経ナショナル ジオグラフィック社刊)


西洋がコルセットを脱いだ時、世界は何を着ていたのか?

今から100年前、1910年代の世界は、科学とテクノロジーが飛躍的に発展した新時代の幕開けにより人びとの生活が変化し、新しいものを求め、それに呼応するかのようにファッション界も転換期を向かえていました。衣服最大の革命であるコルセットからの解放が現代衣服を生み出し、印刷・発行技術の発達はファッション雑誌の登場を牽引し、欧米のモード情報が勢いよく世界へと伝播していきます。都市における洋装化が進む一方で地域の特色ある衣装をその土地の流行に合わせて作り、着こなす衣生活を続ける地域がまだ残っていました。
本展では、衣服におけるグローバル化が進む寸前に、いち早く誌面に写真を取り入れ始めたナショナル ジオグラフィックによって幸運にも記録されていた人びとの多様な姿をとらえた貴重な写真100点と当館が所蔵する同時代の世界の衣装やファッション写真の奇跡的な出会いにより、地域ごとの特色を形成していた時代の空気、緻密な手仕事が際立つ装いのセンス、100年前の多様性に満ちたファッショナブルな世界をお楽しみいただきます。

[ナショナル ジオグラフィックの世界を記録した写真とその網羅性]
ナショナル ジオグラフィックは1888年に創刊以来、100年以上に渡り各地を取材し続け、世界180か国で発行するビジュアル誌。蓄積された膨大なアーカイブの中から1900年代~1930年代前半に撮影した雑誌未掲載のものを含むドキュメンタリー写真約100点を展示。一部を等身大サイズでご覧いただきます。

[現代だから見比べられる世界の同時代の衣装]
トラファガン・スクール・オブ・ファッション(ニューヨーク、廃校)からの一括収集資料を中心に1890~1940年代の世界の衣装と同時代に欧米で名を馳せたデザイナーのドレスを展示。人や情報の移動に今よりも時間がかかった100年前、ファッションの流行も少しずつ、しかし確実に近隣の国・地域同士で影響しあい、似通っているようです。

[100年前、雑誌とともに拡張した写真]
20世紀初頭にナショナル ジオグラフィックがモノクロ写真を掲載し始め、後にカラー写真に移行、ファッション雑誌『ハーパース・バザー』(1867~)や『ヴォーグ』(1893~)が普及し始め、雑誌と写真が結びつきファッション写真が成立。ドキュメンタリー写真とファッション写真、またそれらが掲載された雑誌の実物で、拡張していく写真の世界をお楽しみください。

世界のファッション ―100年前の写真と衣装は語る―【1】アルジェリア 「ナショナル ジオグラフィック」誌1922年10月号掲載 ©LEHNERT&LANDROCK/National Geographic Creative 【2】イラン 「ナショナル ジオグラフィック」誌1921年4月号掲載 ©National Geographic Creative 【3】フィリピン 「ナショナル ジオグラフィック」誌1912年9月号掲載 ©CHARLES MARTIN/National Geographic Creative 【4】ポーランド 1930年撮影 ©National Geographic Creative 【5】アルジェリア 「ナショナル ジオグラフィック」誌1928年2月号掲載 ©JULES GERVAIS COURTELLEMONT/National Geographic Creative 【6】セシル・ビートン≪ナンシー・キューナード≫ 1924年 【7】カナダ 「ナショナル ジオグラフィック」誌1916年3月号掲載 ©DR.GILBERT H.GROSVENOR/National Geographic Creative 【8】右:ドレス DOEUILLET フランス 1903年頃 左:ドレスCHERUIT フランス 1908年頃 【9】デイ・コート ポール・ポワレ フランス 1925年頃 【10】女性衣装 ユーゴスラビア 20世紀初頭 【11】男性衣装 コスタリカ 20世紀初頭 【12】ジャック・アンリ・ラルティーグ≪ソランジュ・デビッド≫ 1929年 【13】アウグスト・ザンダー≪パートタイム・スチューデント≫ 1926年

【1】-【5】、【7】 ナショナル ジオグラフィック蔵 【6】、【8】-【13】 神戸ファッション美術館蔵

関連イベント

フォトトーク フォトトーク
2013年に125周年を迎えたナショナル ジオグラフィックの活動と本展覧会の元になった写真集『100年前の写真で見る 世界の民族衣装』についてお話をおうかがいします。後半は、現在ナショナル ジオグラフィックが注目する気鋭のフォトジャーナリスト林典子氏から世界で「人を撮ること」について語っていただきます。

「ナショナル ジオグラフィックの125年」
武内太一(日経ナショナル ジオグラフィック社 編集責任者)

「人を撮る、世界を撮る」
林 典子(フォトジャーナリスト)
長友真理(日経ナショナル ジオグラフィック社 編集者)

日時:7月19日(土) 14:00―15:30(13:30開場)
会場:4階セミナー室 
定員:100名(先着順)
要申込/参加無料

林 典子(フォトジャーナリスト)

林 典子(フォトジャーナリスト)
1983年生まれ。大学在学中に、西アフリカ・ガンビアの地元新聞社、ザ・ポイント紙で写真を撮りはじめる。「ニュースにならない人々の物語」を国内外で取材。ナショナル ジオグラフィック日本版で、2012年9月号「失われたロマの町」、2013年7月号「キルギス 誘拐婚の現実」を発表。その他、米ワシントン・ポスト紙、独デア・シュピーゲル誌、仏ル・モンド紙、デイズ・ジャパン誌、米ニューズウィーク、マリ・クレール誌(英国版、ロシア版)など、数々のメディアで作品を発表。著書に、『キルギスの誘拐結婚』(日経ナショナル ジオグラフィック社)、『フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳 ――いま、この世界の片隅で』(岩波書店)。
[受賞歴]
2011年 第7回名取洋之助写真賞。2012年 第8回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞1位。2013年 米アレクシア写真財団写真賞ファイナリスト。フランス世界報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」特集部門。最高賞「ビザ・ドール(金賞)」。2014年全米報道写真家協会(NPPA)「フォトジャーナリズム大賞」。現代社会問題組写真部門1位。


武内太一(日経ナショナル ジオグラフィック社 編集責任者)
1967年生まれ。日経PCビギナーズ編集長を経て、2011年から日経ナショナル ジオグラフィック社。2012年より同社、編集責任者。

長友真理(日経ナショナル ジオグラフィック社 編集者)
1972年生まれ。1997年、日経BP社に入社、パソコン誌の記者を経て、2006年から日経ナショナル ジオグラフィック社に出向。書籍とDVDの編集に携わる。

講座 移動する布・更紗
インドは古代より染織技術に長け、とくに木版更紗による製品は東西の交流に大きな役割を果し、その影響がいまなお世界各地に及んでいます。本講座では当館の衣装収集に関わった井関氏が更紗の様相をご紹介し、また当館に収集されたインドの民族衣装の在り方を解説します。

日時:8月3日(日) 14:00―15:30(13:30開場)
講師:井関和代(大阪芸術大学教授、染織研究家・染織作家)
会場:4階セミナー室
定員:100名(先着順)
※要申込/参加無料

井関和代(大阪芸術大学教授、染織研究家・染織作家)

井関和代(大阪芸術大学教授、染織研究家・染織作家)
1947年大阪府生まれ。博士(芸術文化学)。現在、大阪芸術大学芸術学部教授。染織作品の制作活動とともに、アジア・中近東・アフリカ等世界各地で染織の調査・研究に従事。著書に『アフリカの布−サハラ以南の織機・その技術的考察−』(2000年、河出書房新社)、染織民族学に関する論文多数を発表など多数。

ファッショントーク 世界と日本のファッションの現在と未来を考える
50年後にファッションデザイナーは存在するのか?民族衣装は着られているのか?インドをホームグランドに染織分野の現地調査を重ね、実践的活動を続ける上羽氏と、日本の近現代ファッションへ挑発的な視線をそそぎ比類なき作品を創造する神田氏の2人が地球ファッションの可能性を熱く語ります。

日時:9月23日(火・祝) 16:00―17:30(15:30開場)
上羽陽子(国立民族学博物館准教授(民族藝術学・染織研究))
神田恵介(ファッションデザイナー)
会場:4階セミナー室
定員:100名(先着順)
※要申込/参加無料


上羽陽子(国立民族学博物館准教授(民族藝術学・染織研究))

上羽陽子(国立民族学博物館准教授(民族藝術学・染織研究))
1974年名古屋市生まれ。大阪芸術大学工芸学科染織コース卒業。大阪芸術大学大学院芸術文化研究科博士課程修了。博士(芸術文化学)。現在、国立民族学博物館文化資源研究センター准教授。著書に『インド・ラバーリー社会の染織と儀礼―ラクダとともに生きる人びと』(2006年、昭和堂)、監修に『世界のかわいい民族衣装』(2013年、誠文堂新光社)。

神田恵介(ファッションデザイナー)

神田恵介(ファッションデザイナー)
1976年生まれ。早稲田大学、文化服装学院卒業。大学在学中から服を作り始め、2005年、有限会社キャンディロックを設立。「keisukekanda」として活動を開始。2007年より、「全国ツアー」と称した新作発表会を全国各地で開き、2011年、東京・高円寺に直営店「スナック あの娘と僕をつなぐ服」をオープン。2013年、ファッションブランド初?の「ファンクラブ」を発足させる。

ギャラリーツアー ファッション×ゆかり 2館協同「世界を旅するギャラリーツアー」
神戸ファッション美術館と神戸ゆかりの美術館2館で開催中の関連する展覧会を 各館学芸員がリレーで世界を旅するようにご案内します。

日程:7月21日(月・祝)、8月10日(日)、9月14日(日)、10月5日(日)
時間:14:00―15:00(終了予定)
※申込不要/要入館料
マガジンカフェ マガジンカフェ
OWN ROASTED COFFEE 『BRIDGE』
ナショナル ジオグラフィックの雑誌や映像などがご覧いただけるスペースで、関西で出張スタイルのコーヒースタンドとして活動するBRIDGEにより厳選された世界のコーヒーを楽しめるカフェが4日間限定でオープン。自家焙煎された世界のコーヒーと焼き菓子でゆったりとご一服ください。

日程:7月19日(土)、8月10日(日)、9月14日(日)、10月5日(日)
時間:11:00―17:00(材料がなくなり次第終了)
出店協力:OWN ROASTED COFFEE 『BRIDGE』
トークショー スタンダードブックストア心斎橋 トークショー
スタンダードブックストア心斎橋さんで展覧会開催を記念し、西谷真理子氏×葛西陽子氏のトークショーが開催されます!

日時:9月20日(土) 12:00―
詳細はこちらをご覧ください↓
http://www.standardbookstore.com/archives/66153299.html

関連イベントお申込み方法

Eメール・FAX・往復ハガキのいずれかに「住所・氏名・年齢・性別・電話・イベント名」を明記の上、お申込みください。

Eメール:workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。)
FAX:078-858-0058
往復ハガキ:〒658-0032神戸市東灘区向洋町中2-9-1神戸ファッション美術館
Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。