展覧会

テーマを決めて展示する「特別展示」と「衣」を様々な切り口で紹介する「ベーシック展示」を開催しています

特別展示のご案内

写楽と豊国 ―江戸の美と装い

写楽と豊国
―江戸の美と装い

2016年6月18日(土)~8月14日(日)
開館時間
10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日、6月7日(火)~17日(金)、7月19日(火)ただし7月18日(月・祝)は開館
入館料
《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)
※和装でご来館の方は入館無料(特典付 キモノでおでかけMAP)
※神戸市立博物館「俺たちの国芳 わたしたちの国貞」展 相互割引あり。詳しくはこちら

江戸の人々を夢中にさせたファッション

江戸時代、歌舞伎は人々の最大の娯楽で、役者絵や美人画等の浮世絵は、贔屓の役者や評判娘を身近に眺めるブロマイドでした。 本展では、颯爽と姿を現し、忽然と姿を消した東洲斎写楽(生没年不詳)とそのライバルで、のちに浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大した歌川豊国(1769-1825)を軸にした浮世絵を中心に140点を展示します。
浮世絵を通じて、江戸の人々を夢中にさせたファッションにスポットを当て、生き生きとした人物、流行のしぐさ、色鮮やかな着物、柄や模様などの繊細さをご覧いただき、その変遷をたどります。
江戸の賑わう空気を感じていただきながら、魅力的な装いをお楽しみください。

写楽と豊国 ―江戸の美と装い【1】東洲斎写楽 中山富三郎の宮城野 【2】歌川豊国 今やう娘七小町・清水小まち 【3】葛飾北斎(春朗落款) 風流四季の月・なつ 【4】歌川広重 雪月花の内・月の夕べ 【5】鳥居清長 当世遊里美人合・叉江涼 【6】歌川国芳  御贔屓握虎木下 中村歌右衛門の真柴久吉、坂東勝次郎のてる若 【7】大蘇芳年 雪月花之内月 市川三升の毛剃九右衛門


展覧会図録

写楽と豊国 ―江戸の美と装い 展覧会図録

販売価格 2,000円(税込)
※数量限定。

関連イベント

講演会 「写楽のミステリーの時代」
「写楽と豊国 ―江戸の美と装い」展 講演会「写楽のミステリーの時代」
日時:2016年6月18日(土) 14:00-15:30(13:30開場)
講師:中右瑛さん(国際浮世絵学会常任理事)
会場:4F 第1セミナー室
定員:100名(先着順)
※参加無料/要申込

終了しました



ギャラリートーク ギャラリートーク

日時:2016年7月17日(日)、8月11日(木・祝) 14:00-(約30分)
解説:当館学芸員
※申込不要/要入館料

終了しました

講演会お申込み方法

電話・FAXのいずれかで「名前(ふりがな)・連絡先・6/18講演会」を明記の上、お申込みください。

電話:078-858-0050

FAX:078-858-0058

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。
神戸ファッション美術館の指定管理者は神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体です。