服飾講座のご案内

団体向け服飾講座、一般向け服飾文化セミナーを開催しています。

個人向け講座 服飾文化セミナー

収蔵品徹底鑑賞

神戸ファッション美術館の誇る、時代を一世風靡したデザイナーたちの衣装の数々。本年度のセミナーでは毎回特定のデザイナーにスポットを当て、活躍した時代背景やデザインの特徴などを、ゲストの方の講演や映像などを交えながら解説します。作品を間近に観察していただき、より深い魅力を発見していただける機会です。

2017年5月27日(土) 14:00-16:00

実物で読み解く シャネルの服

実物で読み解く シャネルの服

ガブリエル・シャネル(1883-1971)通称「ココ」。帽子屋からスターし、1915年メゾン開店。ジャージーの使用やシンプルで機能的なスーツなど、革新的なファッションを打ち出し、新しい社会の中で生きる活動的な女性のスタイルを築きました。世界的に認知されたシャネル・スタイルについて、研究者の平芳裕子氏の講演と収蔵資料から読み解いていきます。

ゲスト:平芳裕子氏(神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授)

2017年7月29日(土) 14:00-16:00

実物で読み解く フォルチュニィの服

実物で読み解く フォルチュニィの服

マリアノ・フォルチュニィ(1871-1949)はスペインに生まれ、1890年ヴェネチアに移り住み、写真や絵画、舞台装置など幅広く手掛けた万能のデザイナー。古代ギリシャ衣服をイメージした独自の加工を施した細かいプリーツのドレスや、古典的なモチーフのステンシルプリントを施したコートなどには比類なき風格があります。これらのテキスタイルについての調査を永年続けられている能澤慧子氏とその魅力を解き明かします。

ゲスト:能澤慧子氏(東京家政大学教授)

2017年9月16日(土) 14:00-16:00

実物で読み解く カルダンとクレージュの服

実物で読み解く カルダンとクレージュの服

ピエール・カルダン(1922-)とアンドレ・クレージュ(1923-2016)は、ともにパリモードの中心として長きにわたり活躍。カルダンはディオールのもと、立ち上げに参加後、宇宙的、前衛的、実験的なスタイルで、バレンシアガに学んだクレージュはミニスカートやボディタイツなどキュートとエレガントを両立された新しいスタイルで、ともにプレタ・ポルテ(高級既製服)への転換の時代を牽引しました。ユニークな活躍ぶりや収蔵作品を当館学芸員が紹介します。

2017年11月

実物で読み解く サン・ローランの服

※詳細は後日お知らせします。

2018年1月

実物で読み解く マダム・グレの服

※詳細は後日お知らせします。

2018年3月

実物で読み解く アール・ヌーヴォーの服

※詳細は後日お知らせします。


会場
神戸ファッション美術館 4階 第1セミナー室
定員
各回90名(要申込/先着順)
受講料
一般 1回=500円
高校生・65歳以上 1回=300円
※「友の会会員」の方は上記の金額の半額になります。
申込方法
電話、FAXまたはE-mailに「名前(ふりがな)・ご連絡先・友の会会員番号(会員の方のみ)・参加希望のセミナー名」を明記の上、お申込みください。

TEL 078-858-0050 / FAX 078-858-0058

MAIL workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。)

Web限定割引券はこちら

平成18年4月1日より指定管理者制度が導入されました。神戸ファッション美術館の指定管理者は公益財団法人 神戸市産業振興財団です。