神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館

> English

お知らせ・イベントのご案内(Blog)

お知らせ・イベントのご案内(Blog)

2020.3.18 展覧会

[長くつ下のピッピの世界展]見どころ解説 その1「オリジナル・ピッピ Ur-Pipp(i The original manuscript of Pippi Longstocking)」

 

みなさま、こんにちは。

 

きのうから再開した特別展「長くつ下のピッピの世界展」へ

きょうも、たくさんのお客様をお迎えすることができました。

みなさま、ご来館ありがとうございました。

 

「長くつ下のピッピ」初版の出版から、今年2020年で75周年。

本展ではオリジナル原画、初版本、リンドグレーン愛用品など138点の展示のほか、

ピッピの住む「ごたごた荘」の大型模型(写真撮影OKです)、

リンドグレーンを紹介する映像など、見どころはいっぱいです。

なかでも、特にご覧いただきたい作品について、3回に渡って見どころを解説いたします。

ぜひ、元気なピッピを巡る物語の世界へお越しください。

 

 

●特別展「長くつ下のピッピの世界展」 見どころ解説 その1 

オリジナル・ピッピ Ur-Pipp(i The original manuscript of Pippi Longstocking

 

物語は意外なきっかけから始まる。

1941年、スウェーデン。

幼い娘が「長くつ下のピッピ」という女の子の名前を思いつき、彼女の物語を母にせがんだ。

母が即興で語り出した奇想天外な9歳児「ピッピ」の活躍のなんと痛快なこと!

母はのちに世界的な児童文学作家となるアストリッド・リンドグレーン(1907~2002年)。

名作誕生の瞬間である。

 

本展には1944年、リンドグレーンが愛娘の10歳の誕生日に贈った手作り本

「オリジナル・ピッピ」が出品されている。

自らタイプで原稿を打ち、イラストを描き、「ママより」と手書きでメッセージも添えた。

ピッピはまだ母と娘だけの宝物だった。

 

(神戸ファッション美術館・仲井雅史)

 

 

アストリッド・リンドグレーン作・画「オリジナル・ピッピ」1944年

Text and illustration Astrid Lindgren ©The Astrid Lindgren Company

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

検索する

Top

Cookieの使用について

本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。 ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを 受信することに同意したものとみなします。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。