神戸ファッション美術館

神戸ファッション美術館

> English

お知らせ・イベントのご案内(Blog)

お知らせ・イベントのご案内(Blog)

2020.7.14 セミナー

[服飾文化セミナー]7/18(土)第1回「実物で読み解く バスル・スタイルの服」は定員に達し、募集を終了いたしました

 

みなさま、こんにちは!

 

神戸ファッション美術館が毎年お届けしている「服飾文化セミナー」。

2020年度 第1回目が、今週末の7月18日(土)に近づいてまいりました。

おかげをもちまして、第1回目は定員に達しましたので、

募集の受付を終了いたしました。ご了承ください。

 

 

※第1回服飾セミナーは満席となりました。

●2020年度 第1回服飾文化セミナー「実物で読み解く バスル・スタイルの服」

日時/2020年7月18日(土)14:00-16:00 ※開場13:30

会場/神戸ファッション美術館4F 第1セミナー室

受講料/一般500円、大学生・65歳以上 300円   

 

なお、セミナーご参加の方は、下記に留意してお越しください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用をお願いいたします。

※大学生は学生証、65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。

 

今回のテーマ「バスル・スタイルの服」は、現在開催中の

特別展「Treasures of Fashion ヴァレリー・スティールの審美眼」、

第3章「日本と西洋のファッション」でも、いくつか作品を展示しています。

 

 

1870~80年代に流行したバスル・スタイルは、後ろ腰のふくらみを強調するスタイルのこと。

ボリュームを出すための腰当てが「バスル」で、その名にちなんだスタイルです。

日本でも、明治時代に鹿鳴館などの舞踏会で、バスルのドレスが好まれたとか。

 

 

シルク素材でたっぷりとしたドレープが美しいアフタヌーン・ドレス、

ベルベットやブロケードとの組み合わせがゴージャスなレセプション・ドレス。

セミナーにご参加の方は、ぜひ、展覧会の作品もご覧になってくださいね。

 

なお、今後の服飾セミナーは、まだまだお申し込みいただけます。

第2回「実物で読み解くヴィオネの服」/9月26日(土)14:00~16:00

第3回「実物で読み解くボディ・コンシャスの服」/12月12日(土)14:00~16:00

 

●お申し込み方法

電話またはE-mailにて、下記を明記の上、お申し込みください:

名前(ふりがな)②年齢(大学生・65歳以上の方はその旨)
③ご連絡先 ④参加希望のセミナー名

TEL:078-858-0050 
E-mail:workshop@fashionmuseum.or.jp

 

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

●8/30日(日)まで開催中!
特別展「Treasures of Fashion ヴァレリー・スティールの審美眼」
入館料:一般1,000(800)円、
大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料
休館日:月曜、8/11
(火)
※8/10
(月・祝)は開館

カテゴリー

アーカイブ

検索する

Top

Cookieの使用について

本ウェブサイトでは、ユーザーにウェブサイト上のサービスを最適な状態でお届けするためCookieを使用しています。 ブラウザの設定(Cookieの無効化等)をそのまま変更せずに閲覧される場合は、弊社ウェブサイト上の全ページでCookieを 受信することに同意したものとみなします。詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。